2014年1月9日木曜日

タイ人が教える、タイ語での観光ホームページの制作事例

サワディークラッ、アジアクリック・タイ特派員のタムです。
タイから、日本への観光が人気です。ツアーだけでなく個人で飛行機とホテルを予約していくタイ人観光客も多いです。

しかし、どの旅行サイトもタイ人にとっては見難いです、というのもタイ人は文字に依る情報よりも最初に写真に目に行く傾向が日本人より強いからです。

具体的な実例を挙げてみましょう。
こちらはタイ観光局のホームページです。
写真中心に構成されているのがお分かりでしょうか。
方や日本観光局のホームページは文字が多く、タイ人であればむしろバナーなど画像の方に最初に目が行ってしまい、本来タイ人に見せたいものもみてもらいにくくなるのです。






つまり、タイ語ホームページを制作するのに大切なことは2つあります。

1)画像を中心に制作する。

2)詳しい説明は、画像をクリックしたら見えるようにする


タイ人は1年間に8行しかタイ語を読まないという俗諺もありますが、文字を書いたり読んだりするのが好きなタイ人も多いです。ですから、しっかりとしたタイ語の書けるタイ人が行や段落などをチェックすることも重要。

観光資源は言葉で説明できないものも多いです。タイは色彩豊かな国ですから、日本の素晴らしい風景や食べ物も写真で私達に伝えるようにしてもらいたいです。
(タイ特派員/タム)


【 シンガポールで、自治体・企業のPRオフィス機能代行します 】
東南アジア市場のPRオフィス機能を代行、ASEANの消費者と日本のビジネスマッチングを提供しています。 観光インバウンドに、企業の現地営業サポートに。詳しくは
http://asiasns.blogspot.jp/2014/02/prasean.html

ご相談は、電話 03-6205-5619 またはメール info@asiaclick.jp までお気軽にどうぞ。

ShareThis

ShareThis