2013年8月15日木曜日

【東南アジア・ASEAN市場広告の種類と価格情報】タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア人観光客向け


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアは確かにSNS天国で、実に44%がFacebookなどSNSで旅行地を検討・決定しています。
しかし、日本のライバルの韓国や中国、近隣諸国などもあらゆる広告手段を講じてASEAN諸国の中間富裕層たちから観光インバウンドを得ようとしています。

今回はタイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアなどなど東南アジア・ASEAN向け広告と広告費情報を、自治体・観光業界向けにシェアします。

▼タイ人観光客に向けての広告基本方針:
 FacebookとTVCMが強いです。動画と画像を中心にするのが文字を読み書き苦手なタイ人に有効ですから、Youtubeを有効に使いましょう。
 女性バラエティTV番組への掲載も可能で、1回50万円〜です。


 最古のバンコク・ポスト(Bangkok post)やThai Rath など主要新聞紙は1P50万円程度です。


▼マレーシア人観光客に向けての広告基本方針:

 FacebookとYoutube、そしてツイッター、雑誌・新聞です。全方位的にブランディングPRを行う必要があります。

具体的には、観光客となりうる中間富裕層であるマレーシア華人を中心に読まれる星洲日報やThe Sterといった新聞雑誌、アストロTVが主媒体になります。これらは100〜数百万円と幅があります。
FacebookはFacebook広告が主になります。英語が共通語なので、シンガポールや英語圏からの効果も見込めます。



▼シンガポール人観光客に向けての広告基本方針:
 Facebookと、華人向け中国語テレビCMやバラエティが有効です。内容もバラエティから人気ドラマ、中国語から英語まで最も広く揃えており、旅行という非日常的な情報伝達に最も適した媒体の一つです。
新聞雑誌はTODAYやThe Straits Timesなど英字紙・華字紙共に1Pで200〜300万円程。
TVも含め、シンガポールの広告金額はタイ・マレーシア・インドネシアの3倍近くします。




▼インドネシア人観光客に向けての広告基本方針:
 インドネシアは2億4000万人の大人口、主要な新聞も各地に約300もあります。
 ジャカルタにはコンパス(KOMPAS)やJakarta post(ジャカルタポスト)など主要紙があり、1ページフルカラーで30〜60万円が目安です。


 ターゲットにもよりますが、最も強いのはツイッターですので、日本では馴染みのないかもしれませんがツイッターのFeed広告(広告投稿)も検討してみましょう。
※ただし、日本ではまだ・ASEANでも始まったばかりなので審査があります。

日本では未発売のツイッターフィード広告もASEAN地域なら利用可能。

ASEAN諸国といっても経済力や民族も違えば購買行動も異なります。
各地・ターゲットに合わせた総合的な広告戦略策定を行いましょう。
以上のテレビ〜紙媒体、WEB広告は全て当社アジアクリックで取り扱いがワンストップで可能です。
詳細はお気軽にお問合せください。
(高橋学/アジアクリック)


【11/14(木)「アジアSNSビジネスセミナー」を日本橋にて開催】
東南アジア市場に、どうソーシャルメディアを使い商機に繋げるかのビジネス事例セミナーです。



拙著がAmazon・楽天koboなどで発売になりました(キンドル・500円)。
 http://amzn.to/17VXzlL
 アジア市場を知りたい方・観光インバウンド業の方・WEB業界の方にお勧めです。
 


タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国
アジアからの観光インバウンド、各国WEB開設・運営、
ASEAN各国テストマーケティング・アンケートは
-----------------
株式会社アジアクリック
東京都新宿区新宿6-27-1 LG新宿318
TEL  03-6205-5619
Mail  
info@asiaclick.jp
Web  www.asiaclick.jp
Facebook
https://www.facebook.com/asiaclick.jp
(アジア各国の特派員による、現地からの生情報)
-----------------

ShareThis

ShareThis