2013年3月18日月曜日

【現地報告】シンガポールの最新ビジネス状況レポート

▼シンガポール
都市国家のシンガポール。東京の未来を見ているよう

物価が高く生活が大変。家の価格は東京並みで、日本同様30年ローンをして買う(それまでは親と同居)。住宅は供給不足で、独身は35歳を過ぎないと家が買えない。東京以上の先進都市国家で、豊かな生活の欲求への願望が高いので、質の高い衣食住旅行をお得に手に入れたい。
 日本企業にとっては東南アジアのショーケース、または現地事務所などハブとしての活用となるだろう。

シンガポールは華人中心の国家


シンガポールのQBハウス。消費者の感覚は東京人に近い

飲食店などフランチャイズが多く出るシンガポール。一風堂も3月に初進出。

 シンガポールは東南アジアのハブとショーケースして活用するに留め、各国でネットワークを構築しつつ、現地化しつつも地元市民の役に立ち、日本らしい商品とビジネススタイルを東南アジアでも貫くべきだろう。
 ここの情報は随時更新して行きたい。
(髙橋学)


ShareThis

ShareThis